2018年2月号

ママ先生の<まなぶ>日記 - 年末・年始 -

― 明けましておめでとうございます ―
といっても暮は29日まで冬講習前期でしたし、
明けて1月は3日から講習後期がスタートして、
年の境い目も良くわからぬままに、ただ時間
だけが奔流のように流れ去って行きました。
30日に教室の大掃除と新年の飾り付けを
何とか終えて、31日に自宅の大掃除と正月を
迎える準備をしている内に夜は明けてしまい
ました。今年も怒涛の予感の元旦でした。
さて、毎年のように子ども達からの年賀状を
ホワイトボードに張り出しましたが、今年は
成人を迎える卒業生達からの報告が多いよう
に思いました。
大学受験を迎える子ども達からの賀状も
多かったですし、結婚のご報告もありました。
皆さんの本年が幸せでありますように!!
1月3日の6年講習は産土の神様たちにご挨拶
する初詣からです。
まずは梅田のお稲荷さんからです。
来る年も、来る年も<まなぶ>の子ども達は
ここで入試を祈願して、次いで明神様に
向かいます。
そして、こちらは明神様の拝殿です。
海都くんが必死に祈っています。
その必死さが、こちらにも手に取るように
伝わって来ますね。
連日の長時間の講習で少しゲンナリしている
6年生を励ますために、この日は5年生が応援に
入って<まなぶ>応援歌を歌いました。
5年生は後1年あるので、まだゆったりと勉強
しています。
その”ゆったり”の中で最終日の理科は実験です。
テーマは「衝突とエネルギー」、さていったい
どんな実験がくり広げられたのでしょうか?
理科の教材は講習のつど、パパ先生がサティスタ
という実験教材の開発業者から取り寄せます。
これまでに15年、春・夏・冬と20種類を越える
実験に取り組んできたんですよ。
やぁ!今日は明の星のナナちゃんと吉祥女子の
みゅうちゃんの2人が後輩の応援に来てくれ
ました。
明日、入試に向かう希海ちゃんが先輩の前で
決意を表明しているところですが、希海ちゃんは
5年からの入室で、現在はBコースの優秀者です。
ひたむきな努力を続けた結果ですね!!
1月11日の夜、開智・獨協埼玉と相次いで合格の
報告が入りました。この段階で各人が1つ、又は
2つの合格を持って2月の入試に臨むことになり
ますのでママ先生はせっせと合格の垂れ幕を
書いています。
深夜の教室でママ先生を見守るのはチョビ、
もう12年も、こうしてママ先生を応援して
くれています。
1月13日、土曜日の8時からは中学の部の
合同国語です。
今日は年初めなので恒例の百人一首大会ですが
インフルエンザや風邪でお休みの仲間がいて
残念です。
ママ先生は台所でお餅を焼いているので、
読み手は白鴎の優ちゃんにお願いしてます。
さぁ、お餅も焼けたし、お腹もへったし、
ここで少し立食パーティにしましょう!
小学2年生で<まなぶ>に入室した中3の
皆さんは、8年間の<まなぶ>を終えて
この3月に巣立ちを迎えます。
あなた達と過ごせてママ先生も本当に
楽しかったですよ。
いっぱい叱って、一緒に泣いて、いろいろな
ことがあったけれど、今はその一つ一つが
懐かしい想い出です。

【緊急連絡】
2/14 のぞみちゃん 淑徳与野合格
おめでとう!!