ママ先生の<まなぶ>日記 - クリスマスから年末へ -

2学期の最終授業には恒例となっている
水落さんの手作りのクリスマスのお菓子が
届けられました。
毎年、毎年、趣向が凝らされた楽しい
クリスマスのお菓子でしたが、今年は
ガナッシュケーキの上にモミの木をさして
1つ1つのモミの木にはビーズがちりばめ
られていました。
それをなんと!35コもお届けいただいて
本当に有り難いことです。
この恒例のプレゼントも、今年で水落くんが
卒業しますし、お姉ちゃんの彩香ちゃんは
首都大に進学して忙しくなりますので今年で
終了です。
7年間もの手作りプレゼントを本当にありがたく
子ども達に代わって深く感謝申し上げます。
和枝さん、ありがとう!
水落さんのプレゼントに舌鼓を打った24日の
翌日、25日には卒業生でセブンイレブンを経営
している高須くんから、これも恒例の大きな
クリスマスケーキを4箱もいただきました。
<まなぶ>の子ども達はつくづく幸せだと思い
ます。アッチャン、カズくん、本当にごちそう
様でした。
ほら、みんなのあふれる笑顔です!!
お家でも、もちろんケーキは食べるでしょうが
「みんなと食べる」のが嬉しいのでしょう。
ともちゃんのお皿にはイチゴがいっぱいで
良かったわねぇ。
さてさて、その夜の中学の部の最終授業では
みさきちゃんのお家から田舎のミカンが、又、
ゆうちゃんのママからはたくさんの苺が届け
られて、ほら、ゆいなちゃんなんかデレデレ
です。もちろん水落さんのチョコガナッシュも
しっかりといただいて大野さんのお腹は
パンパンです。
その日の夜おそく、成城学園高校1年生の
さとしくんがクリスマスなのでパパ先生と
ママ先生の顔が見たくなって、、、と9時半過ぎ
に訪ねて来ました。
今はバレーボール部に所属して、成績もマアマア
ということでしたが、さとしくんの一番の長所は
優しくて素直なところです。その長所を失わずに
これからも時々は顔を見せてください。
そしてクリスマス明けの26日から、5年生と6年生
は冬講習に入りました。
まっ先に応援にかけつけてくれたのは頌栄の高校
2年生、三島愛理ちゃんです。
お成績もすばらしいし、何よりも目標が定まって
いるので、志望大学は一ツ橋ということでした。
6年生も愛理ちゃんも頑張れ!
さぁ、講習前期がようやく終了した12月の30日
です。
パパ先生とママ先生は、ようやくクリスマスの
ディスプレイを片付けて年の初めを迎える用意に
かかりました。
皆さん、今年1年をどうも有難うございました。
来年もどうぞ宜しくお願いします!!