ママ先生の低学年日記[9月~3年生を中心に]

風が涼しくなってきました。ぶどうもゆんゆんと実る頃です!
そこで、今日は『ぶどうの房』の詩を勉強しました。一つの房が一つの実なのかしら、
それとも一粒の実が一つの実なのかしら、そーっと手のひらにのせて考えてみましょう・・・
という静かで美しい詩です。黒板の詩を書写した後にノートの余白にぶどう色の折り紙を
まあるく切り、みんな得意気な笑顔です。

そこで切り取ったまあるいぶどうの実を台紙に貼り付けて、秋のクラフトはぶどうにすることに
しました。1人1人、ぶどうの実の大きさも房の下がらせ方も個性が出ます。だれが上手とか
だれが下手という評価ではなく1人1人の個性的なぶどうの房が集まって<まなぶ>のぶどうの
棚が完成しました。4年生の作品もいっしょに張り出しましたよ。

3年生の子ども達は自分の作品を指して「ホラ、みてみて、おいしそうでしょう!」「甘そうでしょう」
と嬉しそうです。

この日は千葉の青木先生と平山先生から<まなぶ>の子ども達にと梨を送っていただいたので
ママ先生はいくつもいくつも皮をむいて子ども達に食べさせました。この写真から子ども達の歓声
が聞こえるでしょう!たくさんむいたので高学年の教室で勉強していた6年生も呼びました。
「いいなぁー」という顔で6年生がうらやましそうに見ていましたから6年生のお口にも『秋』をポイッ
と入れました。


では、最後に9月の掲示板をご覧いただきます。

今月は赤トンボを飛ばして秋らしく深くて青い空色を台紙に使いました。秋の七草、桔梗の花が
巻頭です。10月にはコスモスを飾りたいと思っていますので、皆さん、どうぞお楽しみに。

Comments are closed.