ママ先生の<まなぶ>日記 - 最後のご挨拶 -

3月24日の土曜日、いよいよ梅田バス通りの
<まなぶ>のお教室は2018年度の卒業式をもって
幕を閉じることになりました。
2A教室での式に先立って、パパ先生は想いを
込めて式次第を一文字、一文字黒板に記しながら
感慨深そうに見つめていました。
式の始まりに当たって『窓』の最終号を子ども達
と読み合うママ先生です。
千草園さんにお作りいただいた子ども達への花束
に囲まれて、大きな祝福の喜びと、一抹の寂しさ
で、時おり胸がいっぱいになって涙が出そうで
困りました。
さぁ、小学生の部の卒業式のスタートです。
<まなぶ>では合格の垂れ幕が卒業証書の代わり
となりますが、一人一人がパパ先生から証書を
受けとるたびに後輩や先輩から大きな拍手を
もらって、6年生はとても誇らしそうでした。
最後に、2月・3月の2か月間を楽しく学んで
来た「BLUE SKY SEED」を全員で朗読して
後輩達に「すごいなぁー」と感動されました。
次は中2と中3の卒業式です。
あっちゃんは合宿中で残念ながら欠席でした
けれど、中2のみさきちゃん、はなちゃんからは
「もっと、もっと<まなぶ>で勉強したかった」
という嬉しい言葉があって、ママ先生は胸を熱く
しました。
最高学年の中3生からは後輩たちに向けて励まし
のメッセージがたくさん寄せられました。
ゆうちゃん、りこちゃん、ゆうきちゃん、
大ちゃん、たかあきくん、それと復習のために
中3に入っていた高1のさえちゃん、長い長い
<まなぶ>を本当にご苦労様でした。
一番長いゆうちゃんは小学1年生の入室から
今日までの9年間、短い裕希ちゃんでも5年間
ですから<まなぶ>は塾というよりは、
もう1つの家庭であったように思います。
ここで4年前に中学の部を卒業したハム君が
国学院大に合格したという報告のために来訪
しましたので、飛び入りで後輩に一言という
ことになりました。
ハム君は初等教育を目指して小学校の国語の
先生になりたいそうで「そういう志をしっかり
持って中学に進まないと、合格してホッとして
遊んでいるとズルズルと成績は下がるよ」と
実体験からの真実味あふれる報告がありました。
後輩は先輩の話に「フーーーーム」という感じ
で聞き入っていましたが、「僕は何度もママ先生
から叱られたけど、ママ先生が叱ってくれたのは
この合格のためだったのだと、今、ようやく
気づきました。この気づきの早さ、遅さが人生の
分かれ目で、僕は気づくのが遅すぎました。」
という話はハム君らしくてほのぼのと後輩達の
胸に届いていくようでした。
「よく頑張ったね、良い先生になってね!」と
パパ先生からお祝いをもらって嬉しそうなハム君
です。
来年からは、こうして大学の合格報告に戻る教室
がなくなってしまう皆さん、ごめんなさいね。
でも皆さんの活躍をいつでも応援していますよ!
ラストの「贈る言葉」では、まず社会を教えて
下さって<まなぶ>で15年の千尋先生からです。
「とにかく社会は楽しく興味を持つこと。
点数ではなく、好奇心を持って日常を過ごすこと
が大切」というメッセージが贈られました。
一時期<まなぶ>の英語をみて下さった洋子先生や
大吾先生からも「人生は楽しいことばかりではない。
むしろ失敗や挫折から学んでほしい」という言葉が
届けられました。
又、この日、飛び入り参加の
山脇の高3の雅子さんからも卒業生に一言、という
ことで楽しかった思い出や、戻る教室がなくなる
寂しさを涙と共に語ってくれました。
ありがとう、雅子ちゃん。でも、いつでも先生の
自宅に戻っていらっしゃい。
いよいよ最後はパパ先生の贈る言葉、
ならぬ贈るボールペンです。
今日の記念に卒業生も、在籍生も、みんなの心に
<まなぶ>を届けます。
どうした風の吹き回しか、人前に出ることが
嫌いなチョビちゃんが「贈る言葉」のコーナーで
ニャーニャーと登場してきました。
12年間も教室を守っていたガードキャットです
ので最後は子ども達とお別れがしたかったので
しょう。
式を終えてテント下で応援歌を歌う子ども達と
ママ先生です。パパ先生も千尋先生も左の後方で
歌っていますがフレームに入らずに残念!
最後はご父母も交えてクラッカーの嵐です。
長い間の健闘を互いに讃え合いながら、この後
子ども達は「さようなら」、「さようなら」と
教室を去りました。
さぁ、明日からは教室移動の準備が始まります。
32年間もの間、毎月、毎月、<まなぶ>の
子ども達の様子を伝えてきた掲示板も、いよいよ
3月の最終号で終了となりました。
最終号は「春天来了」の詩を巻頭に掲げて、お別れ
のご挨拶を差し上げましたが、別れは新しい出会い
とのスタートでもありますので、明るく、春らしい
クラフトで<まなぶ>らしく飾りました。
ー皆さん、長い間本当にありがとうございましたー

Comments are closed.