ママ先生の<まなぶ>日記 -春講習期間のお客様たち-

3月から4月にかけては大学進学の報告や、大学を
卒業して就職の報告に多くの卒業生が<まなぶ>
を訪れます。
その時期、小学の部の子ども達は春講習のまっ最中
ですが、大きなお兄さんやお姉さんの姿を見て
”いつか自分も”と強く心に刻むものがあるように
思います。
この日<まなぶ>を訪れてくれたのは7年前に小学
の部を卒業した藤田晃成くんです。
慶應の理工学部に進む晃くんは、早稲田も上智も
理科大も合格したのだそうです。
すごいなぁ~~~!!
「いつか僕も・・・」とカイトくんがお兄さんとの
記念写真。晃成くんも昔はカイトくんくらい小さく
てかわいい少年でした・・・。
そして次の日は学習院大学に進むかなちゃんと、
東邦大に進むもえちゃんが来訪しました。
もえちゃんは共立から東邦大に進み、ナント
東邦では特待生だそうです。
もえちゃん、がんばりましたね!!
かなちゃんもすっかりお姉さんになりましたねぇ。
更に次の日、千尋先生の授業中に<まなぶ>を
訪れてくれたのは慶応経済学部を巣立つ
長塚大ちゃんです。
大ちゃんはミズホ銀行に就職が決まって、その
報告の来室でしたが後輩たちの拍手とお祝いの
花束に笑顔があふれていました。
さて、春講習を終えて4月に入ると、5年生は
組分け、6年生は合不合判定テストが控えて
います。
そこで今春の<まなぶ>の入試結果報告を
兼ねて、子ども達の真の実力をどう見極めて、
どう受験校設定していくかを柱とした学習会を
4月16日に開きました。
パパ先生が四進の連絡会で仕入れた情報を
もとに、2016年度の受験状況を大きな視点から
お話しています。
A・B・C・Sコースの合格が一目でわかるように
模造紙を張り連ねて作った資料はパパTとママT
が1週間かけて作りましたが、大地先生が
いらしたらもっとスマートでシャープな資料に
なったことでしょうね。
この後、ママ先生は<まなぶ>の受験結果に
ついて個々の例を取り上げながら具体的な
お話を差し上げました。
そしてこの日、ゲストにお迎えしたのはブログ
の前半に登場した晃成くんのお母さん、
藤田克枝さんです。
白鴎出身の私の後輩でもあり、頌栄に進んだ
まほちゃん、渋谷幕張に進んだ晃くんの
お母さんですが、今春まほちゃんが社会人に
なり、晃くんが大学生になって一まず子育てを
終了なさったのでご無理を言っておいで頂き
ました。
お会いするのは7年ぶり、まほちゃんの入室
からは16年の<まなぶ>の戦友ですが、
変わらぬ品性と知性で、このお母さんだから
こそ・・・と一つ一つのお話に得心致しました。
藤田さん、本当にありがとうございました。
ゆいなちゃんの入学式の日に、おばあちゃん
から大きな赤飯のお重が<まなぶ>に届き
ました。
そこで早速その日が授業日の子ども達と
いただくことになって子ども達のこの笑顔です。
ともちゃんは嬉しくて、嬉しくてお箸まで
かじってしまいました!
こちらは4月の裏庭です。
パパ先生の植えた球根は今、花ざかりです。
この他にもアネモネのプランタンも咲き誇って
「花のお国の汽車ポッポ」の詩のように春を
楽しめますよ。

Comments are closed.