ママ先生の<まなぶ>日記 - 3月の節句 ー

3月号のお便りは大地先生が桃色を基調にして
かわいい雛人形や美しい雛あられでレイアウト
して下さったので、台紙を若草色にして春らしい
彩りで、掲示板に飾りつけました。中には桜の
小枝も入れて、一足先に春爛漫です!
子ども達を迎える通路のリースも椿から桜に
取り替えて、千葉の青木先生から送って頂いた
ストックを花瓶いっぱいに差しました。
子ども達は扉を開けるたびに「あっ、花の匂い」
と喜びます。
青木先生、ありがとうございました。
今月の詩は「はなびら」と「春」の二編です。
春が冬から産まれること、冬が閉ざした泉や
川を春は解き放ちながら光の春に、風の春に
なっていくことなどを子ども達の心に伝えて
いけたらなぁ・・・と思います。
この日は6年前に<まなぶ>を卒業した後藤
ちえちゃんが山脇高校を卒業して聖心女子学院
大学に進むことを報告に来てくれました。
5年生・6年生は大学に進む先輩を大きな拍手で
祝福し、とりわけ女の子達は憧れの眼差しで
お姉さんを見つめていました。
ちえちゃん、おめでとう!!
3月3日のお節句を前に、これまでママ先生が
自宅に飾って楽しんでいたお雛様を、今年は
教室に運び込んで新6年生と新中1の子ども達を
中心に1Aのお教室に飾りつけました。
1つ1つの箱から美しいものが出てくるたびに
子ども達から歓声があがります。子ども達の
心は、こうして実体験を重ねながらでないと
言葉やテキストだけではなかなか作られて
いかないように思います。
3月3日、こうして出来上がったお雛様を囲んで
新5年生・新6年生の女子で記念写真を撮り
ました。こんなにたくさんの子ども達が喜んで
くれるのなら、もっと早くに教室に飾って
あげればよかったと反省しきりの3日のママ先生
です。
さて、3月11日(土)は麗澤中の香優ちゃんが、
イギリスでの2週間のホームステイを終えて帰国
しましたので中学の部の全員で、その感想を
聞いているところです。大英博物館にもオックス
フォードにも行って、英会話や発音が本当に大切
だと実感したそうですよ。
一方、こちらはアメリカの学生さんがホーム
ステイをしているという榎本くんの報告で、
「母さんが頑張って話しかけていることに驚いた」
そうです。毎日、ミソ・スープは大好きで良く
食べるけれど、ナット-は苦手だったそうです。
ホームステイに行く人、受け入れている家庭、
世界は確実に小さくなっていきますね。

Comments are closed.