ママ先生の<まなぶ>日記 - 10月から11月にかけての秋の<まなぶ>です -

11月の掲示板は色づいた黄葉や紅葉にミノ虫を
飾って作りましたが、このミノ虫はもう何年も
前に低学年の子ども達と一緒に作ったクラフト
作品です。
このブログを見ている卒業生の皆さんの中には
その頃のことを懐かしく思い出す人たちもいる
ことでしょうね。
そして、この笑顔のすてきなお姉さんはその頃
<まなぶ>に在籍していた竹内しほりさん。
洗足中・高の後は杏林大学に進んで、現在は
病院の検査技師として働いているしほりさんです
が、今日は結婚の報告に<まなぶ>に里帰りしま
した。
あふれる笑顔が幸福な結婚を語っていますね。
しほりちゃん、おめでとう!
さて、こちらは城北埼玉中から送られてきた
今年度のポスターです。『規律ある男子を育てる
進学校』がキャッチフレーズの城北埼玉では、
中2の在籍生の顔写真を全員分載せるのが慣例
でして、<まなぶ>から進んだ山崎ひろ君も
ちゃんと写っていました。指示棒の指している
笑顔の男子がひろ君ですよ。
10月30日(日)には秋の父母会を開きましたが
その様子を一部お知らせいたします。
前半は合同の父母会で、今日はゲストが2組です。
1組目は『食育』についてのお話で、
ファスティング・マイスターの資格をお持ちの
栗田みやさんから添加物の害について興味あるお話
を伺いました。限られた時間の中でしたので、
ほんのサワリしかお話いただけませんでしたけれど
関心がお有りの方はどうぞ図書館などで勉強なさっ
てください。
2組目は<まなぶ>を卒業した中学2年生の
ゆうちゃんと大智くんの登場です。
ゆうちゃんは都立白鴎の2年生ですが自分の受験
経験や、現在の白鴎の生活について話してくれ
ました。
大智くんは自分の意志で本郷中を退校して現在は
公立中に通っていますが、その経験から私立校と
公立校の学習の進め方の違いや各々のメリット・
デメリットについて話してくれました。
全体会の後は6年生のご父母だけで、受験に向けて
の合不合判定資料の見方や、実力適正校の選択の
視点についてなどをお話して、次回の個別面談の
確認をして終了といたしました。
おまけは三輪田中1年生の久保みさきちゃんの日舞
の発表会からです。国立劇場での発表会ということ
で本格的なお衣装をつけての「新鹿の子」を踊り
ました。
みさきちゃんのお師匠さんは花柳珠絃さんで、
<まなぶ>を卒業した吉川香穂ちゃんのお母さん
です。
発表会には白鴎で伝統芸能部に所属している
ゆうちゃんが<まなぶ>を代表して花束の贈呈に
行きましたよ。

Comments are closed.