まなぶの窓 17年7月号

ママ先生の<まなぶ>日記 - 6月半ばのママ先生 -

「梅雨入り」と言いながらも今年の6月は
なかなか雨の日が続きません。
でも、雨が降らなくても6月との約束通り
紫陽花は街のあちこちで花を開いています。
<まなぶ>のリースも今月は紫陽花で飾り、
通路のホワイト・ボードにも「雨の繭」の
詩を掲げました
6月のお便りは、大地先生が美しい大輪の
紫陽花と雨の繭の詩で構成して下さったので
掲示板に貼りだしてパパ先生とママ先生の
二人で夜なべをして紫の和紙でアジサイの
花びらを作りました。
子ども達を喜ばせたい一心で夜おそくまで
頑張りました。
5月の日記に間に合わなかったお客様を二人
ご紹介しますね。
専修松戸高校1年生の野津くんは、
1年に1度、母の日にカーネーションを持って
顔を見せます。
卒業して、もう4年めになるのに今年も又、
恥にかみながら教室に顔を見せました。
野津くん、ありがとうございました。
そしてこちらは大妻中学2年生の
松田ゆかちゃんです。
中間テストが終わったとのことで、後輩の
皆さんにたくさんのチョコレートを差入れに
来てくれました。
制服がよく似合う、清楚で美しいお姉さんに
育ってママ先生はすっかり驚いてしまいました。
ゆかちゃん、ごちそう様でした。
今年も裏庭の水連鉢に白蓮の花が美しく花開き
ました。
でも、大変悲しいことに、この鉢の中で大きく
育っていた2匹の金魚は寿命を迎えて、今年は
赤い姿は見られません。
生あるものは必ず死に至るのですけれど、共に
生きてきた仲間が今年、ここにいないという
現実を受け入れることは悲しいです。
いずれ私も、そして<まなぶ>も。
だからこそ、残された2年間を私たちは元気に
頑張っていこうと思っているのですが、
毎週、水曜日の7:30~9:00の算数の授業は
フル・オープンにして、5年生のご父母に公開
しています。
知花ちゃんのお父さんは仕事の都合のつく限り
参加して下さって、帰りは知ちゃんと二人で
帰宅します。
算数の授業よりも、その帰宅時間が知ちゃんの
大切な宝ものになっているとママ先生は
思います。
第13回のYTテストはA、B、Cのいずれのコース
でも<まなぶ>の6年生が優秀者にお名前を
登場させたので、約束通りにご褒美の
ハンバーガーを皆で食べました!
この日は5・6年生合同の授業日だったので
5年生は「いいなぁ、、、」と口惜しがる
事しきりでした。
そこでママ先生は先生の夕食のオムライス
を5年生に一口ずつ食べさせて「いつか5年も
ハンバーガーをみんなで食べようね」と約束
しました。5年生は7人の仲間の内、B5人、A2人
の構成ですが、約束の日は近いとママ先生は
確信しています。

まなぶの窓 17年6月号

ママ先生の<まなぶ>日記 ー 5月のママ先生 -

5月の青空の中を翩翻とひるがえる鯉錦を巻頭に
掲げて、今月も大地先生は素晴らしい初夏の
お便りを作ってくれました!
初夏と書いて「ハツナツ」と読むと、
風もいっそう爽やかに感じられますね。
今年ママ先生は和紙をひねって藤の花房を作り
ハツナツの風に揺れる様子を表現してみました
が、いかがでしょうか?
そして、そのハツナツの風の中を悠然と泳ぐ
鯉は<まなぶ>の子ども達を10年以上見つめ
続けて来てくれた江戸錦の大鯉です。
連休が明けて登塾して来る子ども達を驚かせ
ようと、パパ先生が毎年この季節に奮闘して
教室のフロントガラスに泳がせてくれるの
ですが、今年は石楠花や千秋先生が下さった
花々が色を添えています。
そして5月6日、登塾してきた5年生と6年生の
嬉しそうな顔、顔、顔。
今日はおやつに鯉ならぬ鯛焼きを用意して、
1日おくれの子どもの日を祝ってあげようと
思っています。
それを聞いて子ども達は「ヤッター」と宙を
飛んでいますが、後ろの鯉の表情も心なしか
ニコニコ笑っているように思えます。
ハツナツの風の中、お勉強だけでなく心も体も
磨いて、人として大きく育つことを祈る5月の
ママ先生です。
フロントガラスだけでなく、通路にも鯉錦を
飾って、ホワイトボードの今月の詩は
「鯉のぼり」です。5月号の「窓」の巻頭の詩
ですが来る年、来る年、<まなぶ>の子ども達
はこの詩を暗唱して5月を過ごします。
いつの日か子ども達が父や母になった時、自分
の子ども達にきっとこの詩を謳って聞かせる
のではないかとママ先生は想います。
さて、5月8日、この日20年近い昔に卒業した
森下えりちゃんが二人のお子さんを連れて
<まなぶ>を訪れてくれました。
えりちゃんは大妻に進んで大学を経てから
キャノンに勤めて社内結婚をしたのですが
そのご主人のお仕事の関係で来週から
アメリカのニューヨークに移住することに
なったそうです。
最低でも3年は日本に戻れない、という事で
出発前にママ先生とパパ先生の顔を見て
おきたいと言って、この日の来訪になりました。
あの可愛かったえりちゃんがもうお母さんに
なっていたなんて・・・。
そしてアメリカに渡るなんて・・・。
えりちゃん、頑張って下さいね。
3年後に又、会いましょうね!!

えりちゃんのお土産のラスクは中学生の部で
いただきました。
えりちゃん、聞こえてますか?あなたの後輩達が
みんなで『ごちそうさまでした!』と言って
いますよ。

まなぶの窓 17年5月号

ママ先生の<まなぶ>日記 -春講習期間のお客様たち-

3月から4月にかけては大学進学の報告や、大学を
卒業して就職の報告に多くの卒業生が<まなぶ>
を訪れます。
その時期、小学の部の子ども達は春講習のまっ最中
ですが、大きなお兄さんやお姉さんの姿を見て
”いつか自分も”と強く心に刻むものがあるように
思います。
この日<まなぶ>を訪れてくれたのは7年前に小学
の部を卒業した藤田晃成くんです。
慶應の理工学部に進む晃くんは、早稲田も上智も
理科大も合格したのだそうです。
すごいなぁ~~~!!
「いつか僕も・・・」とカイトくんがお兄さんとの
記念写真。晃成くんも昔はカイトくんくらい小さく
てかわいい少年でした・・・。
そして次の日は学習院大学に進むかなちゃんと、
東邦大に進むもえちゃんが来訪しました。
もえちゃんは共立から東邦大に進み、ナント
東邦では特待生だそうです。
もえちゃん、がんばりましたね!!
かなちゃんもすっかりお姉さんになりましたねぇ。
更に次の日、千尋先生の授業中に<まなぶ>を
訪れてくれたのは慶応経済学部を巣立つ
長塚大ちゃんです。
大ちゃんはミズホ銀行に就職が決まって、その
報告の来室でしたが後輩たちの拍手とお祝いの
花束に笑顔があふれていました。
さて、春講習を終えて4月に入ると、5年生は
組分け、6年生は合不合判定テストが控えて
います。
そこで今春の<まなぶ>の入試結果報告を
兼ねて、子ども達の真の実力をどう見極めて、
どう受験校設定していくかを柱とした学習会を
4月16日に開きました。
パパ先生が四進の連絡会で仕入れた情報を
もとに、2016年度の受験状況を大きな視点から
お話しています。
A・B・C・Sコースの合格が一目でわかるように
模造紙を張り連ねて作った資料はパパTとママT
が1週間かけて作りましたが、大地先生が
いらしたらもっとスマートでシャープな資料に
なったことでしょうね。
この後、ママ先生は<まなぶ>の受験結果に
ついて個々の例を取り上げながら具体的な
お話を差し上げました。
そしてこの日、ゲストにお迎えしたのはブログ
の前半に登場した晃成くんのお母さん、
藤田克枝さんです。
白鴎出身の私の後輩でもあり、頌栄に進んだ
まほちゃん、渋谷幕張に進んだ晃くんの
お母さんですが、今春まほちゃんが社会人に
なり、晃くんが大学生になって一まず子育てを
終了なさったのでご無理を言っておいで頂き
ました。
お会いするのは7年ぶり、まほちゃんの入室
からは16年の<まなぶ>の戦友ですが、
変わらぬ品性と知性で、このお母さんだから
こそ・・・と一つ一つのお話に得心致しました。
藤田さん、本当にありがとうございました。
ゆいなちゃんの入学式の日に、おばあちゃん
から大きな赤飯のお重が<まなぶ>に届き
ました。
そこで早速その日が授業日の子ども達と
いただくことになって子ども達のこの笑顔です。
ともちゃんは嬉しくて、嬉しくてお箸まで
かじってしまいました!
こちらは4月の裏庭です。
パパ先生の植えた球根は今、花ざかりです。
この他にもアネモネのプランタンも咲き誇って
「花のお国の汽車ポッポ」の詩のように春を
楽しめますよ。

まなぶの窓 17年4月号

ママ先生の<まなぶ>日記 ― 年度末のママ先生日記 ―

今日は3月25日、今年度の6年生7人の卒業式です。
各々が真新しい制服に身を包んで、春の花々を
抱えての記念写真です。
これから後輩の新6年生と、先輩の中学の部の
皆さんに囲まれて<まなぶ>の卒業式が始まる
直前の1コマです。
卒業証書代わりの合格校を記したカードを
パパ先生から手渡されて、れなちゃんのこの笑顔
です。このカードは、毎年のこの時期に大地先生
が忙しい合間をぬって作ってくれるのですが、
子ども達にとっては一人、一人、自分だけの
合格カードですから、人生の記念碑として良い
思い出になることでしょう!
こうして7人全員が新6年生から花束を贈呈されて
中学受験はひとまず終了です。
でも、ここはゴールではなくスタート地点、
この先も又、一日一日を充実させて誠実に学習を
積み重ねたり、部活に励む日々のスタートが
待ってます。
さて、小学の部の卒業のラストは2月・3月と
読み込んで来た「The Sky Blue Seed」の朗読会
です。
たった2ヶ月で皆さん、良くここまで読めるように
なりました!
又、この日はママ先生の合同国語を巣立つ皆さん
にとっても<まなぶ>最後の授業日でした。
芝浦工大の拓真くん、
麗澤大のあゆちゃん、
成城学園大のさとしくん、
獨協埼玉のなおちゃん、
皆さん<まなぶ>の卒業おめでとう!!
山脇のみやこさん、跡見のさえちゃんは残念
ながら欠席となりましたが、後日に記念品を
渡しましょうね。
さて、一人一人が心のこもった別れの挨拶を
後輩たちに伝えています。
さとしくん、尚ちゃんは小1から9年間の長い間を
<まなぶ>の子として過ごして来ましたので
感傷もひとしおの様でした。
記念の品は<まなぶ>精一杯の万年筆です。
こうして小学の部も中学・高1の部も別れの
セレモニーを終了して、会はいよいよ
フィナーレへ。
かつての応援団長だった鈴木大智くんが
リードを取って<まなぶ>応援歌とエールの
交歓の後、いよいよクラッカーの打ち上げです。
ご父母の皆さん、長い間<まなぶ>をお使い
下さってありがとうございました。
新中学1年生の内、5人は中学の部に残りますが、
巣立つ子ども達も新高1、新高2の皆さんも、
どうぞ希望を胸に夢を諦める事なく努力を続けて
下さい。
皆さんの未来に、ボン・ボヤージュ!

ママ先生の<まなぶ>日記 - 3月の節句 ー

3月号のお便りは大地先生が桃色を基調にして
かわいい雛人形や美しい雛あられでレイアウト
して下さったので、台紙を若草色にして春らしい
彩りで、掲示板に飾りつけました。中には桜の
小枝も入れて、一足先に春爛漫です!
子ども達を迎える通路のリースも椿から桜に
取り替えて、千葉の青木先生から送って頂いた
ストックを花瓶いっぱいに差しました。
子ども達は扉を開けるたびに「あっ、花の匂い」
と喜びます。
青木先生、ありがとうございました。
今月の詩は「はなびら」と「春」の二編です。
春が冬から産まれること、冬が閉ざした泉や
川を春は解き放ちながら光の春に、風の春に
なっていくことなどを子ども達の心に伝えて
いけたらなぁ・・・と思います。
この日は6年前に<まなぶ>を卒業した後藤
ちえちゃんが山脇高校を卒業して聖心女子学院
大学に進むことを報告に来てくれました。
5年生・6年生は大学に進む先輩を大きな拍手で
祝福し、とりわけ女の子達は憧れの眼差しで
お姉さんを見つめていました。
ちえちゃん、おめでとう!!
3月3日のお節句を前に、これまでママ先生が
自宅に飾って楽しんでいたお雛様を、今年は
教室に運び込んで新6年生と新中1の子ども達を
中心に1Aのお教室に飾りつけました。
1つ1つの箱から美しいものが出てくるたびに
子ども達から歓声があがります。子ども達の
心は、こうして実体験を重ねながらでないと
言葉やテキストだけではなかなか作られて
いかないように思います。
3月3日、こうして出来上がったお雛様を囲んで
新5年生・新6年生の女子で記念写真を撮り
ました。こんなにたくさんの子ども達が喜んで
くれるのなら、もっと早くに教室に飾って
あげればよかったと反省しきりの3日のママ先生
です。
さて、3月11日(土)は麗澤中の香優ちゃんが、
イギリスでの2週間のホームステイを終えて帰国
しましたので中学の部の全員で、その感想を
聞いているところです。大英博物館にもオックス
フォードにも行って、英会話や発音が本当に大切
だと実感したそうですよ。
一方、こちらはアメリカの学生さんがホーム
ステイをしているという榎本くんの報告で、
「母さんが頑張って話しかけていることに驚いた」
そうです。毎日、ミソ・スープは大好きで良く
食べるけれど、ナット-は苦手だったそうです。
ホームステイに行く人、受け入れている家庭、
世界は確実に小さくなっていきますね。

まなぶの窓 17年3月号