ママ先生の<まなぶ>日記 - 最後のご挨拶 -

3月24日の土曜日、いよいよ梅田バス通りの
<まなぶ>のお教室は2018年度の卒業式をもって
幕を閉じることになりました。
2A教室での式に先立って、パパ先生は想いを
込めて式次第を一文字、一文字黒板に記しながら
感慨深そうに見つめていました。
式の始まりに当たって『窓』の最終号を子ども達
と読み合うママ先生です。
千草園さんにお作りいただいた子ども達への花束
に囲まれて、大きな祝福の喜びと、一抹の寂しさ
で、時おり胸がいっぱいになって涙が出そうで
困りました。
さぁ、小学生の部の卒業式のスタートです。
<まなぶ>では合格の垂れ幕が卒業証書の代わり
となりますが、一人一人がパパ先生から証書を
受けとるたびに後輩や先輩から大きな拍手を
もらって、6年生はとても誇らしそうでした。
最後に、2月・3月の2か月間を楽しく学んで
来た「BLUE SKY SEED」を全員で朗読して
後輩達に「すごいなぁー」と感動されました。
次は中2と中3の卒業式です。
あっちゃんは合宿中で残念ながら欠席でした
けれど、中2のみさきちゃん、はなちゃんからは
「もっと、もっと<まなぶ>で勉強したかった」
という嬉しい言葉があって、ママ先生は胸を熱く
しました。
最高学年の中3生からは後輩たちに向けて励まし
のメッセージがたくさん寄せられました。
ゆうちゃん、りこちゃん、ゆうきちゃん、
大ちゃん、たかあきくん、それと復習のために
中3に入っていた高1のさえちゃん、長い長い
<まなぶ>を本当にご苦労様でした。
一番長いゆうちゃんは小学1年生の入室から
今日までの9年間、短い裕希ちゃんでも5年間
ですから<まなぶ>は塾というよりは、
もう1つの家庭であったように思います。
ここで4年前に中学の部を卒業したハム君が
国学院大に合格したという報告のために来訪
しましたので、飛び入りで後輩に一言という
ことになりました。
ハム君は初等教育を目指して小学校の国語の
先生になりたいそうで「そういう志をしっかり
持って中学に進まないと、合格してホッとして
遊んでいるとズルズルと成績は下がるよ」と
実体験からの真実味あふれる報告がありました。
後輩は先輩の話に「フーーーーム」という感じ
で聞き入っていましたが、「僕は何度もママ先生
から叱られたけど、ママ先生が叱ってくれたのは
この合格のためだったのだと、今、ようやく
気づきました。この気づきの早さ、遅さが人生の
分かれ目で、僕は気づくのが遅すぎました。」
という話はハム君らしくてほのぼのと後輩達の
胸に届いていくようでした。
「よく頑張ったね、良い先生になってね!」と
パパ先生からお祝いをもらって嬉しそうなハム君
です。
来年からは、こうして大学の合格報告に戻る教室
がなくなってしまう皆さん、ごめんなさいね。
でも皆さんの活躍をいつでも応援していますよ!
ラストの「贈る言葉」では、まず社会を教えて
下さって<まなぶ>で15年の千尋先生からです。
「とにかく社会は楽しく興味を持つこと。
点数ではなく、好奇心を持って日常を過ごすこと
が大切」というメッセージが贈られました。
一時期<まなぶ>の英語をみて下さった洋子先生や
大吾先生からも「人生は楽しいことばかりではない。
むしろ失敗や挫折から学んでほしい」という言葉が
届けられました。
又、この日、飛び入り参加の
山脇の高3の雅子さんからも卒業生に一言、という
ことで楽しかった思い出や、戻る教室がなくなる
寂しさを涙と共に語ってくれました。
ありがとう、雅子ちゃん。でも、いつでも先生の
自宅に戻っていらっしゃい。
いよいよ最後はパパ先生の贈る言葉、
ならぬ贈るボールペンです。
今日の記念に卒業生も、在籍生も、みんなの心に
<まなぶ>を届けます。
どうした風の吹き回しか、人前に出ることが
嫌いなチョビちゃんが「贈る言葉」のコーナーで
ニャーニャーと登場してきました。
12年間も教室を守っていたガードキャットです
ので最後は子ども達とお別れがしたかったので
しょう。
式を終えてテント下で応援歌を歌う子ども達と
ママ先生です。パパ先生も千尋先生も左の後方で
歌っていますがフレームに入らずに残念!
最後はご父母も交えてクラッカーの嵐です。
長い間の健闘を互いに讃え合いながら、この後
子ども達は「さようなら」、「さようなら」と
教室を去りました。
さぁ、明日からは教室移動の準備が始まります。
32年間もの間、毎月、毎月、<まなぶ>の
子ども達の様子を伝えてきた掲示板も、いよいよ
3月の最終号で終了となりました。
最終号は「春天来了」の詩を巻頭に掲げて、お別れ
のご挨拶を差し上げましたが、別れは新しい出会い
とのスタートでもありますので、明るく、春らしい
クラフトで<まなぶ>らしく飾りました。
ー皆さん、長い間本当にありがとうございましたー

まなぶの窓 ー 最終号 ー

ママ先生の<まなぶ>日記 ー 雛祭りと新しい旅立ちと ー

3月号は毎年、美しい雛人形やかわいい雛の節句
の和菓子を取り上げる大地先生ですが、今年は
朱塗りの盃と白酒という取り合わせでした。
それではひとつお花見とみたてようと今月の
掲示板は桜の小枝と一面の菜の花で飾りました。
その菜の花は受験を終えた6年生が英語の勉強の
合間に作ってくれました。小さな花びらなので、
なかなか苦戦のようでしたが、貼り終えて掲示板
に飾ると「オーッ」という歓声がわきあがり
ました。
桃の節句が近づいたので、2Aの教室には
切り込み細工の小雛が出されて、女子だけで
記念写真です。
かおりちゃんが桃の花の中に入ってしまって
ちょっと残念。
麗澤に進んだ杉山まゆちゃんが
「千葉にいったので」とたくさんの春の花を
抱えて<まなぶ>を訪ねてくれました。
すっかり大きくなって、もう高3です。
部活は弓道部だそうですよ!
春一番が吹き荒れる前に、合格垂れ幕を外します。
この垂れ幕は<まなぶ>の卒業の時にママ先生の
お手紙と共に一人、一人に贈られます。
中学入試は人生の通過点に過ぎませんが、
その合格のために子ども達は大きな労力を
さきました。
中学に進んでも、又、新たな試練が待っています
けれど、ひとまずは受験に終止符を打って全員の
合格を祝福しましょう。
今日は3月3日、折よく中学の部の合同国語の
授業日です。
ありがたい事に、水落さんが全員分のちらし寿司と
6年生にお赤飯を、その上にゆいなちゃんのバァバ
がこれ又、ギッシリ詰めた散らし寿司の差し入れで
子ども達は大喜びです。
二回も三回もおかわりをして、本当に嬉しそうな
中学生でした。
お赤飯は月曜の6年生の授業にとって
おきましょう。
<まなぶ>はこうしたお母さんやおばあちゃんの
支えがあってここまで続きました。
子ども達に代わって深く感謝を申し上げます。
3月4日には予定の入ってない父母会を急遽持つ
ことになりました。
教室の移動に伴う突然の父母会だったにも関わらず
全員のご父母の参加で大変ありがたく思いました。
パパ先生からは四進連絡会からの今春の入試分析の
報告がなされました。
この日、山崎やすひろくん、ひろくん兄弟が受験を
終えた6年生を慰労しにジュースやお菓子を
たくさん抱えて<まなぶ>を訪ねてくれました。
お兄ちゃんのやすくんは城北高校の3年生
ですので、4月から城北中に進む仲澤くんにとって
は先輩になります。
大きな手で握手してもらって仲澤くんはさぞ心強い
ことでしょう。
3月10日、三輪田のりさちゃんが慶應大学の
合格報告に<まなぶ>を訪れました。
三輪田の後輩は4人そろって制服でりさちゃんを
迎え、合格のお祝いに花束を贈呈しました。
りさちゃんは「どの中学に進んだかではなく、
進んだ中学でどんな勉強をしたかが大切です」
と心に残る言葉を後輩たちに。
そしてその1週間後、北豊島の高田さんは
国立富山大学へ、山脇のきわちゃんは成城大学へ
明の星の熊田さんは早稲田へと、各々が大学合格の
報告に<まなぶ>を訪ねてくれて、子ども達だけで
なくママ先生もたくさんの励ましをもらったように
思います。
皆さん おめでとう!
そしてみなさん ありがとう!

まなぶの窓 18年3月号

ママ先生の<まなぶ>日記 - 2月、受験のただ中から・・・ -

今月の掲示板は和紙をちぎって紅白の椿を作って
みました。
大地先生のお便りは桃の花と節分の豆が巻頭で、
春の隣りの2月らしい色合いに仕上がって
います。
この掲示板も、いよいよ来月が最後となります
ので、大地先生がどんな工夫をして下さるか
今から楽しみです。
今月の詩は宮澤章二さんの「梅の花」、
「梅の花が咲いたら 春だってさ 沼に
氷がはってても やっぱり春だってさ 
春は 風の匂いでわかるってさ・・・」
と続く詩ですが、詩を貼り出したホワイトボード
の下に千草園さんからいただいた梅の鉢を
出しました。見上げている熊さん達は9年前の
卒業生が贈ってくれた思い出の品です。
咲希ちゃん、もえちゃん、えりちゃん達はみんな
元気にしているかしら・・・。
さて、2月の初めには順天中学の石岡くんが
6年生のために「カツサンド」を差入れに来て
くれました。石岡くんは後輩たちにしっかりと
アドバイスをくれて、ママTはその成長ぶりに
感動しました!
同じく2月の上旬に後輩の応援に入ってくれた
のは早稲田中の隆ちゃんです。
すっかりお兄さんになって、「今からでは新しい
ことは頭に入らないから、知識の復習をしっかり
やるように!」というアドバイスに後輩たちは
何度もうなずいでいました。
2月1日、2日と入試が続いて今日は2月3日、
節分の日の夜です。
恵方を向いて、ただひたすらに恵方巻を食べる
子ども達・・・ もう何年もこうした風景を
見てきたママ先生は、胸がつかえてなかなか
巻き寿司が食べられません。
神様、仏様、どうぞ子ども達をお守りください。
いよいよ3日の特設授業も終えて、ラストの
4日の入試に向かう子ども達とパパ先生とで恒例の
豆まき合戦です。
この3日間の重圧やストレスを、こうしてパパ先生
に豆をぶつけて最高の気分転換をするのです。
パパ先生は本当に毎年、毎年、ご苦労なことですが
子ども達の明るい声と笑顔は何物にも替えがたいと
思いますので来年も頑張ってください。
さぁ、こうして在籍7名、<まなぶ>史上の最少の
学年だった2018年度の受験も終了しました。
結果はのべ合格校数29校、1人あたり4校の合格
でしたし、各々が合判のポイントを5ポイント~
6ポイント超える健闘を見せて各々の中学校に進学
します。
    皆さん、本当におめでとう!!
次の日、6年生の特設授業のために4日間の休室だった
5年生が登塾してきて、先輩たちの合格垂れ幕を
食い入るように見つめていました。
「僕たちも・・・」「私たちも・・・」と来年の
入試に思いを馳せているのでしょうね。
この学年はママ先生の最後の作品となる子ども達
ですので、私も又、腕によりをかけて頑張ろうと
思います。子ども達も、ママ先生もファイトね!!

ママ先生の<まなぶ>日記 ー 1月入試の後半から ー

前回のブログの最後でお知らせした淑徳与野の
合格をいただいた希海ちゃんのスナップです。
1月入試の中では明の星に次いで難度の高い
女子校の合格ですから、希海ちゃんはどんなにか
嬉しいことでしょう。希海ちゃん、よかったねぇ!
1/19日、今日は和洋国府台の入試に向かう
まおちゃんの壮行会でした。
まおちゃんは既に獨協埼玉の合格をいただいて
いて、和洋国府台はおさえの学校でしたが、
入試の経験を積むということで
「頑張って来ます!」と仲間の応援に応えて
います。
まおちゃんのために、この日が授業日だった
5年生や中学生も参加して、みんなで<まなぶ>
応援歌を熱唱しているところです。
卒業生の皆さんも、毎年のようにこうして入試
を乗り越えたことを覚えているでしょうか?
そして今日は、大妻中2年生のゆかちゃんが
後輩の激励にチョコレートをたくさんもってきて
くれました。どんなに中学校生活が楽しいか、
今やっているYTの勉強が中学校に入ってどれだけ
役に立つか、というゆかちゃんの話を後輩たちは
じぃーっと聞き入っていました。
ゆかちゃん、本当にありがとう。
さらに数日後、立教中3年生の美音くんも
オレンジピール入りのおいしいチョコを持って
受験生を激励に来てくれました。
すっかり青年になった美音くんに会えて、
ママ先生は涙が出るほど嬉しかったですよ。
美音くん、ありがとうね!
今日は1/28日、1月入試の後半戦27日の
芝浦工大柏の合格発表日です。
倍率5倍という高い競争率をものともせず、
みちかちゃんが見事に合格しましたので、
記念の一枚を納めました。
<まなぶ>の子ども達は、この芝浦柏を以って
1月入試をすべて終了し、全員が1月校の合格を
有して2月の本番に臨みます。
皆さん、応援を宜しくお願いします。
この弾ける笑顔の3人娘は開智中一貫の合格の
皆さんです。
小さな<まなぶ>ですので合格者の数は少ない
ですけれど、3人で受けて3人で合格ですから
100%の達成率です。
3人ともおめでとう!!
ちなみに獨協埼玉中も3人で受けて100%の
合格で、<まなぶ>の子ども達は本当によく
頑張ったと思います。
     --- さぁ、いよいよあと3日で2月本番の幕が開きます ---

2018年2月号

ママ先生の<まなぶ>日記 - 年末・年始 -

― 明けましておめでとうございます ―
といっても暮は29日まで冬講習前期でしたし、
明けて1月は3日から講習後期がスタートして、
年の境い目も良くわからぬままに、ただ時間
だけが奔流のように流れ去って行きました。
30日に教室の大掃除と新年の飾り付けを
何とか終えて、31日に自宅の大掃除と正月を
迎える準備をしている内に夜は明けてしまい
ました。今年も怒涛の予感の元旦でした。
さて、毎年のように子ども達からの年賀状を
ホワイトボードに張り出しましたが、今年は
成人を迎える卒業生達からの報告が多いよう
に思いました。
大学受験を迎える子ども達からの賀状も
多かったですし、結婚のご報告もありました。
皆さんの本年が幸せでありますように!!
1月3日の6年講習は産土の神様たちにご挨拶
する初詣からです。
まずは梅田のお稲荷さんからです。
来る年も、来る年も<まなぶ>の子ども達は
ここで入試を祈願して、次いで明神様に
向かいます。
そして、こちらは明神様の拝殿です。
海都くんが必死に祈っています。
その必死さが、こちらにも手に取るように
伝わって来ますね。
連日の長時間の講習で少しゲンナリしている
6年生を励ますために、この日は5年生が応援に
入って<まなぶ>応援歌を歌いました。
5年生は後1年あるので、まだゆったりと勉強
しています。
その”ゆったり”の中で最終日の理科は実験です。
テーマは「衝突とエネルギー」、さていったい
どんな実験がくり広げられたのでしょうか?
理科の教材は講習のつど、パパ先生がサティスタ
という実験教材の開発業者から取り寄せます。
これまでに15年、春・夏・冬と20種類を越える
実験に取り組んできたんですよ。
やぁ!今日は明の星のナナちゃんと吉祥女子の
みゅうちゃんの2人が後輩の応援に来てくれ
ました。
明日、入試に向かう希海ちゃんが先輩の前で
決意を表明しているところですが、希海ちゃんは
5年からの入室で、現在はBコースの優秀者です。
ひたむきな努力を続けた結果ですね!!
1月11日の夜、開智・獨協埼玉と相次いで合格の
報告が入りました。この段階で各人が1つ、又は
2つの合格を持って2月の入試に臨むことになり
ますのでママ先生はせっせと合格の垂れ幕を
書いています。
深夜の教室でママ先生を見守るのはチョビ、
もう12年も、こうしてママ先生を応援して
くれています。
1月13日、土曜日の8時からは中学の部の
合同国語です。
今日は年初めなので恒例の百人一首大会ですが
インフルエンザや風邪でお休みの仲間がいて
残念です。
ママ先生は台所でお餅を焼いているので、
読み手は白鴎の優ちゃんにお願いしてます。
さぁ、お餅も焼けたし、お腹もへったし、
ここで少し立食パーティにしましょう!
小学2年生で<まなぶ>に入室した中3の
皆さんは、8年間の<まなぶ>を終えて
この3月に巣立ちを迎えます。
あなた達と過ごせてママ先生も本当に
楽しかったですよ。
いっぱい叱って、一緒に泣いて、いろいろな
ことがあったけれど、今はその一つ一つが
懐かしい想い出です。

【緊急連絡】
2/14 のぞみちゃん 淑徳与野合格
おめでとう!!

ママ先生の<まなぶ>日記 - クリスマスから年末へ -

2学期の最終授業には恒例となっている
水落さんの手作りのクリスマスのお菓子が
届けられました。
毎年、毎年、趣向が凝らされた楽しい
クリスマスのお菓子でしたが、今年は
ガナッシュケーキの上にモミの木をさして
1つ1つのモミの木にはビーズがちりばめ
られていました。
それをなんと!35コもお届けいただいて
本当に有り難いことです。
この恒例のプレゼントも、今年で水落くんが
卒業しますし、お姉ちゃんの彩香ちゃんは
首都大に進学して忙しくなりますので今年で
終了です。
7年間もの手作りプレゼントを本当にありがたく
子ども達に代わって深く感謝申し上げます。
和枝さん、ありがとう!
水落さんのプレゼントに舌鼓を打った24日の
翌日、25日には卒業生でセブンイレブンを経営
している高須くんから、これも恒例の大きな
クリスマスケーキを4箱もいただきました。
<まなぶ>の子ども達はつくづく幸せだと思い
ます。アッチャン、カズくん、本当にごちそう
様でした。
ほら、みんなのあふれる笑顔です!!
お家でも、もちろんケーキは食べるでしょうが
「みんなと食べる」のが嬉しいのでしょう。
ともちゃんのお皿にはイチゴがいっぱいで
良かったわねぇ。
さてさて、その夜の中学の部の最終授業では
みさきちゃんのお家から田舎のミカンが、又、
ゆうちゃんのママからはたくさんの苺が届け
られて、ほら、ゆいなちゃんなんかデレデレ
です。もちろん水落さんのチョコガナッシュも
しっかりといただいて大野さんのお腹は
パンパンです。
その日の夜おそく、成城学園高校1年生の
さとしくんがクリスマスなのでパパ先生と
ママ先生の顔が見たくなって、、、と9時半過ぎ
に訪ねて来ました。
今はバレーボール部に所属して、成績もマアマア
ということでしたが、さとしくんの一番の長所は
優しくて素直なところです。その長所を失わずに
これからも時々は顔を見せてください。
そしてクリスマス明けの26日から、5年生と6年生
は冬講習に入りました。
まっ先に応援にかけつけてくれたのは頌栄の高校
2年生、三島愛理ちゃんです。
お成績もすばらしいし、何よりも目標が定まって
いるので、志望大学は一ツ橋ということでした。
6年生も愛理ちゃんも頑張れ!
さぁ、講習前期がようやく終了した12月の30日
です。
パパ先生とママ先生は、ようやくクリスマスの
ディスプレイを片付けて年の初めを迎える用意に
かかりました。
皆さん、今年1年をどうも有難うございました。
来年もどうぞ宜しくお願いします!!

まなぶの窓 18年1月号