小学6年生の学年スケジュール

 
 
 
週あたり15時間
授業日、授業時間はコースによって違いますので詳しくはお問合せ下さい。
 
6年生の授業日は週に4日、月・火・木・金の5:00からになります。
授業の終了は月・火・金の3日が8:30、木曜だけは9:00の終了です。したがって授業時間は
ト-タルで14.5時間ですが、入試が迫る年の後半からは延長が入って週あたり15時間になります。
週に15時間という学習の量を多いとお思いになるか、短いとお思いになるかは各ご家庭で受け止め方
は様々でしょうが、受験での合格を目標にしてお預かりをする以上は<まなぶ>はこの学習時間を
べ-スにして、更に家庭での予習・復習が必要になりますから、6年での入室でお稽古ごとやスポ-ツ
との両立というのは大変に厳しいというのが現実です。少なくとも5年生の段階でスポ-ツやお稽古ごと
はひとまず休止をして、ラスト1.2年は受験勉強に集中させてやらないと第一志望校の合格はたやすく
手に入るものではありません。もっとも、スポ-ツやお稽古ごとを楽しみながら入試も思うように合格を
手にしたというご家庭もあるでしょうが、子供達の学力は一人・一人異なりますし、志望校も異なります。
他の子供の成功例が、全ての子供に通用するというものでは無い以上、受験という同じ目的を持つ仲間
と机を並べ、共に力を競い合い、努力を重ね合って最後の1年間を充実して受験へむかうという形が
子供達にとって受け入れやすく、わかりやすいと思うのですが、週に15時間なんて可哀そう・・・という
ご父母もいらっしゃるでしょう。
         ですから<まなぶ>の入室は授業の参観からなのです!
ご父母の心配をよそに、6年生の子供達が元気いっぱいなことは授業を見ていただければ一目瞭然
です。心のエネルギ-は目的が確固としていて、手段に納得がいって、仲間がいることが絶対に
必要です。小さな<まなぶ>が毎年、毎年、全員の合格を取り続けられるのは受験という目標が
はっきりしていて、そのために苦しいYTテストも逃げずに頑張り続け、一部ではなくて全員がテスト
に取り組むことで切磋琢磨の日々を過ごすからです。四進では6年の夏休みが終わると合不合判定
テストが組まれますが、その資料をもとにして個別に面談を重ねることで12月までに実力の適正校
と挑戦校とを絞り込みます。この面談そのものも、相談にのってもらえて有りがたいと受け止めるか、
挑戦校だけをやりたいのに適正校をアドバイスされるなんて迷惑とお思いになるか、ご家庭によって
様々です。けれど大切なことは12歳の挑戦は決して人生のラストではなく、スタ-トなのだということ
を忘れてはなりません。どの学校に進もうとも、勉強の基盤さえできていれば子供達は必ず息を吹き返す
はずです。<まなぶ>のラスト1年は確かに厳しい学習の連続ですがこの学習が子供達の人生の基盤に
なることは間違いありません。ご納得いかれたらどうぞ授業の参観にいらして下さい。
子供達の笑顔と共にお待ちしています!
まなぶ子ども教室》は、独自の学習システムを駆使した密度の高い学習を特長とする地域密着型の学習塾です。
四谷大塚進学教室首都圏YTネットと提携して塾生全員の合格に責任を持つ進学塾です。
四谷大塚進学教室首都圏YTネットと提携
目標校に全員の合格を目指します!